悪徳出会い系に注意

悪徳出会い系サイト

このサイトで紹介しているような真面目に出会いを提供している出会い系サイトがある一方、サクラや架空請求などの不正行為で登録者からお金を巻き上げようとする悪徳出会い系サイトがあります。もし悪徳出会い系サイトに引っかかった場合は、決してお金を払ったり言いなりになったりしないで国民生活センターの方で相談してください。電話で簡単に相談できますので1人で悩まずにすぐに国民生活センターに電話してください。

悪徳出会い系サイトの被害例

架空請求

悪徳出会い系サイトによって一番被害が多いのが架空請求です。架空請求には様々なパターンがあり、登録しただけでポイントがマイナスになって料金を請求されるパターンや、不正アクセスと言いがかりを付けられて裁判沙汰にしたくないならお金を払えと恐喝されるパターン、ひどい場合はサイトにアクセスしただけで料金請求されるパターンなどがあります。このような架空請求にあった場合は、無視してもいいと思いますが、気になる方は国民生活センターに相談してください。

迷惑メール

登録無料、料金無料の出会い系サイトに登録した途端、有料の出会い系サイトからのメールが大量に送りつけられるケースがあります。無料を謳って、単に出会い系サイトに興味ある人達のメールアドレスを収集しているだけの出会い系サイトもありますので注意してください。

サクラ

出会い系サイトで雇ったサクラによって大量のポイント(お金)を使わされる被害があります。迷惑メールの大量配信で摘発された出会い系サイトではサクラを大量に雇い、しかもサクラのマニュアルまで会社内で製作して荒稼ぎしていたそうです。

悪徳出会い系サイトの特徴

アダルト的な宣伝

アダルト的な宣伝をしている出会い系サイトは注意が必要です。男性はアダルト的な広告に飛びつくでしょうが、女性はアダルト的な出会い系サイトに登録したがるでしょうか?登録者が男性ばかりで肝心な女性のいない出会い系サイトの可能性が高いですので、よくチェックしてから登録してください。

不特定多数にメールを送っている出会い系サイト

不特定多数にメールを送信する行為は、特定電子メール適正化法違反になります。堂々と法律に違反するようなサイトですので登録は避けた方がいいと言えます。

年齢認証のない出会い系サイト

出会い系サイト規正法改正により、全ての出会い系サイトが年齢認証を義務付けられています。年齢認証のない出会い系サイトは公安委員会に届出を出していない可能性が高いのですので避けてください。

料金無料の出会い系サイト

タダほど高いものはないと言いますが、出会い系サイトも無料出会い系サイトは避けた方がいいと言えます。情報管理費(全国規模なら月数百万)、サポートの人件費、広告などの経費(宣伝トラックを走らせるだけで月数百万円)などを考えると、まともな出会い系サイトは会員無料では運営が不可能です。Mixiの子会社が運営するワイワイシーですら有料会員制を取っています。